FC2ブログ
------

【カテゴリ:スポンサー広告】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100925

【カテゴリ:プロフィール】
【コメント】

3次元CADとの出会い(教員/角井恵三)



 高校時代はバイクが好きで、「自動車の整備士にでもなるのかな」と、人ごとのように自分の進路を漠然と考えていましたね。

 バイクや機械をいじくるのが好きで、摂南大学工学部機械工学科を卒業後、ポンプメーカー、臨床検査機器開発会社などの機械設計技術者として15年あまり企業で働いていました。
 そのころの私は、AUTO-CADという世界標準の2次元CADを使い、来る日も来る日も機械部品の図面を描いていました。
 自動図面描画機みたいなもんです。一日50枚くらいざらでしたね。メカ?メカは考えますよ。でも構想決まったら、ひたすら製図です。
 PCの前に一日中座ったまんまで、おかげで体重も100Kg近くに。あれはブロイラーですね。今から15年以上前のことです。

 ウィンドウズはVer3.1。コンピューターも今とは違い、ハードディスク100MB=10万円の時代で、CPUも33MHzと処理速度は今の百分の一の遅さでした。一度再描画指示をすると5分ぐらい表示に時間がかかりPCは止まったまんま。ストレスとの戦いが毎日続いてました。
 ちょうどその頃、バブルがはじけ景気は急落。例に漏れず私の勤める会社も業績不振で、ボーナスも出ない状況に陥ってしまいました。仕事も激減。
 「暇っすね。」
と、言うと上司は、
 「こんなときこそ自己啓発しろ。」
と、意味不明なことを言い出す始末で、そんな暇があったら営業活動して、自分で仕事を探して来たいくらいでした。
 同業大手はその頃、3次元CADを本格的に導入し、3次元曲面のすばらしいデザインの新製品を矢継ぎ早に市場にリリースし出していましてねぇ。焦りましたよ。このまま2次元CADで設計していては、明らかに時代から取り残されてしまうとね。会社に3次元CADの導入を上申してみましたが相手にされず、急速に仕事に対する情熱は薄れていきましたね。
 そんな時、趣味でデザインしていたレース用のヘルメットを、業者が仕入れたいという話が入り、思い切ってサラリーマンをやめちゃいました。1995年の春です。
 私自身がモトクロス国際B級ライセンスを持ちバイクのレース活動や、ヤマハのインストラクターをしていましたので、ヘルメットのカスタムペイントは結構盛況でした。芸能人のを塗ったりもしましたよ。島田Sさん、長原Sさん、風見Sさん・・・・。
 でも結構、手間ひまかけて仕上げてもそんなに儲からんのです。
 4年で家計が困窮しました。子供もいましたしね。パソコンショップも手がけましたが、ぱっとせず。
 そんなときに偶然、やりたかった3次元設計の請負をしないか?と知り合いから声がかかったんです。千載一遇とはこんなときに使う言葉やと思いました。ほんと神様に感謝しましたねぇ。

 ところが、世の中はそんなにあもうなかったんです。
 安物のIBMのノートパソコン一台渡されて、

 「明日からオムロンへ出向。肩たたき一台3Dで設計してきて。」
 「ちょ、ちょっとまってください。3次元CADは触ったこともないんですが~。」
 「覚えながら、設計してきて。」
 「誰が教えてくれるんですか?」
 「そこらの社員に聞いたらええ。」
 「そんなむちゃくちゃな・・・・・。」

 漫才みたいな、やり取りがあり本当に1ヶ月で肩たたき一台3Dで設計してしまいました。
 これが、私と3次元CADとの出会いだったわけです。


(教員/角井恵三)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。