------

【カテゴリ:スポンサー広告】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100906

【カテゴリ:デザイン】
【コメント】

伝統産業とデザイン



北條先生1

私の、フリーランスデザイナーとしての仕事のテーマに、「伝統産業とデザイン」というものがあります。

日本各地にいわゆる伝統産業と呼ばれる、古くから続く産業がありますが、そのどれもが今は衰退して風前の灯火です。
一見するとなんだか古くさいことを、相も変わらずやっている退屈な産業に見えますが、工房にお邪魔して色々と話を伺うと、どれも独自の技術と美意識をもち、目を見張る精巧な製品を作っています。さらに、新しい技術の開発や、古く途絶えてしまった技術の発掘、新しい素材へのチャレンジなど、次々と新しいことに挑戦されています。

伝統産業の仕事をされている方は、製品のデザインから制作、時には販売まですべてをされています。そういう方とデザイナーが組む場合、単にかっこいいスケッチを描くだけでは上手くいきません。今の時代に、その商品が受け入れられるには何をしたら良いのかを考えながら、そのモノのありかたそのものを考え直す仕事をすることが求められます。

(教員/北條 崇)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。