------

【カテゴリ:スポンサー広告】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100928

【カテゴリ:未分類】
【コメント】

インハウスとフリーランス(教員/北條 崇)



私は前に勤めていた会社を独立して、今はフリーランスのデザイナーと大学の教員の両方をしています。

日本のプロダクトデザイナーの多くは、メーカーに勤めてそのメーカーの商品をデザインする、いわゆる「インハウスデザイナー」と呼ばれる人たちが多くいます。
私もパナソニック電工という会社で13年間、その「インハウスデザイナー」をして、その後独立して「フリーランスデザイナー」という個人で活動するデザイナーとして仕事をしています。「フリーランスデザイナー」はメーカーなどと契約して、商品のデザインを社外のスタッフとして担当をします。

学生から、「インハウスデザイナー」と「フリーランスデザイナー」のどちらが良いか聞かれることがよくあります。
どちらも良いところがあり、結局のところ「どちらも面白いよ」という、あいまいな答えしかいつも返せません。

「インハウスデザイナー」は、会社の仕事として大きなプロジェクトに関われますし、社内のエンジニアやマーケッターなど様々な人と仕事ができます。「フリーランスデザイナー」は、すべて自分で決めることが出来ますし、その会社のトップの方とのおつきあいも多くなり、色々と刺激もたくさんあります。

どちらも面白いですし、やりがいも多くあります。大事なのはどういう所で働くか、という事より、何をしたいかと言うことなのだろうと思います。


(教員/北條 崇))

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。